ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
アグロフォレストリー/地球温暖化対策
タナワン市周辺農村 1年目 中間報告2019年1月から6月

プロジェクト名 フィリピンにおけるココナツ農家のアグロフォレストリーへの転換を通じた気候変動対策
地域名 フィリピン共和国 レイテ州 タナワン市周辺農村地域
活動期間 2019年1月~2019年6月
現地実施団体 WAND財団
助成 トヨタ環境助成プロジェクト
概要

タナワン市周辺農村地域にてココナツ農家のアグロフォレストリーへの転換と植林による生物多様性の向上を通じて、気候変動に対する適応能力を強化する。本事業を引き継ぐことになる地元組織を一次農協として活用し、農産物の販売を通じた農家収入の増加を図る。



実施活動計画
1月:活動対象予定地(レイテ州北東部タナワン市周辺農村部)における事業の導入


2月:社会経済及び生態システム調査の遂行(400農家世帯を対象としたRapid Rural Appraisalおよび農地の観察)

2月:植林担当の地元村民グループの形成(1組織が組織される予定)

3月:アグロフォレストリーの農民間普及のための訓練及び技術的支援の開始(ワークショップ開催含む)

3月:アグロフォレストリーの農民間普及を行う35世帯のデモファームの同定

3月~6月: 植林活動及び種々の果実・野菜・茸類の栽培の開始(4か月で総計15,000本)

4月:300世帯の事業参加村民を対象とした気候変動対策に関する教育セミナーの開催


5月:300世帯の事業参加村民を対象とした農産物市場販売・マーケティングに関する教育セミナーの開催

6月:300世帯の事業参加村民を対象とした農民組織のエンパワーメントに関する教育セミナーの開催

達成できたこと

地方自治体およびバリオの役所への表敬訪問を行い、プロジェクトの活動内容と意義について説明した。(※バリオ:比国における最小の地方自治単位)

5名のWAND調査員が150世帯の農家を対象とした社会経済的調査および生物環境的調査を実施した。

3つの隣人植樹グループ(1バリオあたり1つ)が結成された。

WANDの2名の専門家が農民間普及によるアグロフォレストリー転換のための訓練と技術支援を行った。
農民間普及を通じてアグロフォレストリー転換を促進する35のデモファームを同定した。

事業参加農家によって計16,000本の樹木、野菜、果実が植えられ、栽培されている。

事業参加330世帯を対象とした気候変動適応に関する教育セミナーを実施した。セミナーはバリオとサブバリオのレベルで行った。

農産物の販売に関するセミナーは、生産状況から鑑みて時期尚早と判断したため、まだ実施していない。
事業参加240世帯に対し、村落組織の強化に関するセミナー4回を実施した。


実績・成果(1年目1月から6月)
300世帯の農家により、300haに計16,000本の樹木、野菜、果実が植えられ、現在栽培されている。
・事業参加330世帯を対象とした気候変動適応に関する教育セミナーを実施した。アンケートにより理解度が95%向上したことがわかった。


<今後の活動>
2020年7月~12月
2020年1月~6月
2019年7月~12月
タナワン事業のまとめ 現地視察
タナワン2年目中間報告
タナワン1年目後半報告 現地視察


 <活動写真>
養鶏用インキュベーター 農家への技術指導


有機肥料と土壌 デモンストレーションファーム 技術指導セミナー




                                 トップページへ戻る  
    
フッターイメージ