ヘッダーイメージ 本文へジャンプ
アグロフォレストリー/地球温暖化対策
対象地域:タナワン市周辺農村
プロジェクト名 タナワン市周辺農村地域のココナツ農家のアグロフォレストリーへの転換を通じた気候変動対策
地域名 フィリピン共和国 レイテ州 タナワン市周辺農村地域
活動期間 2019年1月~2020年12月
現地実施団体 WAND財団
助成 トヨタ環境助成プロジェクト
概要

ハイヤン台風で被災したレイテ州北東部タナワン市周辺のココナツ農家及び地域環境に対し、アグロフォレストリー(AF)への転換と植林を通じて、気候変動に対する適応能力を強化する。タナワン市では、2つの対象村において、まず、コミュニティへの参入と事業オリエンテーションを開始する。次に、作物の多様化、植林活動および農民間普及を行うことに意欲を示す35世帯を同定し、彼らを、新しい農業技術の習得についてほかのココナツ農家に指導するデモファームとして訓練する。また、多数の農家に対して植林活動を指導することを通じて、生物多様性の向上を図っていく。さらに、農場のレイアウト、有機肥料生産、実際の植え付け、害虫駆除、剪定など、様々な農業実践についての野外教育も行う。最後に、助成期間終了後、本事業を引き継ぐこととなる地元組織を活用して市場調査や政府機関との連携を進め、農家の市場販売能力や食品加工能力を高めることを通じて農業収入の増加を図る。



 <活動報告・新着情報>
2019年8月
2019年1月~6月
タナワン現地視察
タナワンにて事業開始 中間報告


 <活動写真>
プロジェクト開始 デモンストレーションファーム 苗木の配達


デモンストレーションファーム 被災したココナッツ プロジェクト開始


活動の背景

ハイヤン台風は2013年11月に発生し、フィリピンの主にレイテ州東部で約7,000人の死者が生じた。このような巨大台風がレイテ州を直撃する事態は前代未聞であり、国内外において、世界的な気候変動の影響が疑われている。台風が農村経済と環境に及ぼした主な影響は、ココナツ栽培樹木と森林樹木への深刻な被害であった。未曽有の被害を被ったココナツ農家の多くは、農業活動を放棄し、都市への移住を含む農外就労に従事して生計を維持してきた。さらに、土壌侵食、地滑り、淡水供給の減少、生物多様性の喪失といった環境問題も発生した。これらの農村問題に取り組むために、単作ココナツ栽培に慣れ親しんだ台風被災農家に対するアグロフォレストリー転換と植林活動を通じた生物多様性保護に基づく気候変動対策を提案する。


活動の概要

本事業の主な目的は、2013年11月の巨大台風の襲来によって甚大な被害を被ったレイテ州北東部のココナツ農家及び地域環境に対して、地域レベルにおける気候変動対策を行うことである。その対策は、地域住民が気候変動に臨む三局面、すなわち(1)コーピング(直近の農家の生計の工面)、(2)レジリエンス(社会生態システムの回復力の最大化)、及び(3)アダプテーション(将来の災害への備え)などを主な狙いとする。具体的には、長年のココナツ単作栽培および上記の台風の襲来によって荒廃したレイテ島北東部の高原地域における生物多様性を、栽培作物の多様化、植林活動、アグロフォレストリーの農民間普及活動の促進を通じて向上させることを通じて、これらの目的を遂行する。




                                 トップページへ戻る  
    
フッターイメージ